画材のズレ

あの画材というヤツは非常に厄介なもので、
いざ描こうという時になると、
どういうわけかよく無くなるんです。
満足に揃ったことがない。

しょうがないから探しますがね、
探すのが上手な人ってのは、はじめからモノを失くさないわけで。

そのうちに馬鹿馬鹿しくなっちゃう。

ズボラな絵描きにとって、
パソコンの画像処理ソフトというものは本当にありがたいものなのです。

しかし、そういうことにすっかり慣れてしまうと、
これまた独特の不都合が出てくるようで。

E1103

| | コメント (1) | トラックバック (0)

驚異と脅威

続きを読む "驚異と脅威"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

携帯の居振る舞い

E1093_2

「夫婦なのだから、何もかもさらけ出せ。」

なんて気色の悪いことは言わないし、
他人の携帯電話なんて頼まれても見ないけれど、

あまりにもコソコソされると、
痛くも無い腹が痛くなったり、
火の無いところからも煙が出たりすると思うなあ…。

携帯電話というヤツは、
とんでもなく便利な反面、
個人というものを具現化しすぎて、
引かなくていい線まで引いてしまうと思うんだ。

違うかなあ…。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

好物の定義

E1092

過程を知ってしまうと、
結果の感動が素直に受け入れられなくなることってあるもので。

今まで好物だと思っていたものも、
メニューを考えたり、
意外と材料が高くついたり、
手間をかけて作っているうちに、
食べるのが面倒になってきてしまったり。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

永年思春期の主張

E1085

デキモノのブルース。
デキモノのブルース。
 
 
チョコレートを食いすぎて顔にデキモノが出来た時の話やけど~。

十代のそれは『ニキビ』といい~、
二十代以降は『吹き出物』と呼ぶらしいんやけど~。

でも~、
オレなんかは三十歳だけれど思春期真っ只中という、
非常にデリケートな存在やから~、
自分の顔に出来たデキモノを『ニキビ』と呼ぶか~、
『吹き出物』と呼ぶかは~…
 
ジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャ!
 
 
 
自由だあぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!!

♪ニキビ・イズ・フリ~ダ~ム♪
♪ニキビ・イズ・フリ~ダ~ム♪

あい、一緒に~!

♪ニキビ・イズ・フリ~ダ~ム♪
♪ニキビ・イズ・フリ~ダ~ム♪

センキュウ~!!!

ジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャ!

でも~、
呼び方を変えても指で潰した後の治りは、
どんどん遅く汚くなるで~。
 
 
 
あんしん一口メモ:
相方は、犬井ヒロシが割と好き。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

懐かしき出会い

E1084

| | コメント (30) | トラックバック (0)

思春期携帯電話

E1083

先日、ついに携帯電話を導入しました。

たまたま赤外線送受信機能が付いている機種だったので、
電話番号やメールアドレスなど、
赤外線であげちゃったりもらっちゃったりできるわけです。

しかしアレですね。

赤外線送受信というのは、
どことなく淫靡だと思いませんか。

え、思わない?
そう…。
 
 
 
byエッチなオッチャン。
永遠の思春期。
趣味:妄想。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

見方によっては

E1082

川口GKのスーパーセーブの瞬間を、
私と相方の携帯電話の待ち受け画面に設定したよ。

あれだけ神がかり的な守備は、
ご利益さえ生み出しそう。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

お灸・フォーメーション

E1078

お灸を据えていて気付いたのだけれど、

人体のツボの配置と、
サッカーのフォーメーションはよく似ている。

時節柄、すぐにジーコモードに突入してしまうが、
熱狂的にサッカーが好きかというと、
決してそんなことはない。

つまり、
染まりやすいにわかファンということであり、
分かりやすい一庶民ということである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サムライ・スピリッツ

E1077

極論を言えば、
サッカーというものは相手を出し抜いてナンボというスポーツではある。

DF(ディフェンダー)のウラを取ったり、
スキをついてマークを外したり、
スペース(敵がいないところ)に走りこんだり、
大げさに痛がって審判に反則をアピールしたり。

そういった、ややセコイ戦術を必要とするスポーツには、
もともとが穏やかで(建前でも)公明正大を美徳とする
日本人気質は合わないのかもしれない。

しかし、気質ウンヌンで諦めてはいけない。

それならば、
日本は相手を一切出し抜かない戦術、

「サムライ・フットボール」

を極めていただきたい。

DFと正面から向き合い、
マーカーには事前報告を怠らず、
相手の密集するところの突破を是とし、
相手に反則があったとしても先に謝罪し、
もし、己が反則を犯してしまったなら、
自主的に退場(ハラキリ)する。

その様を目の当たりにして、
必ずや世界は驚愕と畏敬と当惑を抱き、
勝利に固執するあまり卑しい戦いをしていた
己の矮小さを恥じ入るに違いないのだ。

『武士とは、死ぬことと見つけたり』

死ぬ(諦める)のは簡単なことなのだから、
死んだ気になって励みなさい。
という日本男児の心意気を持って、
日本代表にはがんばっていただきたい!

がんばれ!
日本代表!!!


| | コメント (10) | トラックバック (1)