« 【destiny】ハンターは強い | トップページ | 【destiny】一点豪華主義ショットガン »

【destiny】最後の弾は脅威だけど…

Game_06

おそらくdestinyのPVPにおいて、今一番嫌われているであろう武器。(笑)
それがこの「エフリディートズ・スピア」です。

もともと威力が高く、胴撃ちでも170Pほどダメージを与えられるのですが、
これに「最後の弾」というパークが付くと、さらに強力になって、
マガジン最後の弾に限り胴撃ちでも230Pほどのダメージが入ります。

ガーディアンの体力は最大でも200Pほどなので、
腕に当たろうが足に当たろうが、
問答無用の一撃死が訪れるということになるため、
開始直後に2発ほど空撃ちして、
最後の一発という状態で運用するというのが一般的になっております。

通常のクルーシブルなどではそうでもないのですが、
サバイバル方式のオシリスではかなりの脅威となっていますね。

で、もちろん私も一丁作ってあります。(笑)
まず「最後の弾」は当然として、
「アーマー貫通弾」は、最後の弾を使った時に敵が重なっていると、
「2枚抜き」が発生するのでチョイス。
それと「ダブルダウン」
これはラウンド開始時に少しだけ弾丸が多く付与されるというもので、
オシリスですと通常6発のところが、9発に増加します。

さて、俗に言う「さいたま(最後の弾の略)」
オシリスが始まったばかりの頃は猛威をふるっておりましたが、
最近はそれほど使う人がいなくなった印象です。
(私も初めの頃は使っていましたが、今はショットガンを使っています。)

使ってみるとわかりますが、
まず弾持ちがとても悪い。
「最後の弾」頼みで運用すると、
1発打つのに3発消費するし、
空撃ちする時間が必要なのもネックです。

もう一点は、「攻めに向かない」ということ。
基本、敵が来るところで置きエイムするという使い方になるので、
守りには強いけど攻めるとなると、
ややもてあます印象がある。
クイックショットで当ててくる猛者もいますが、
そういうひとは普通にショットガンでいいとおもうしね。

それと、オシリスの場合、確かにこれで先手を取られることもありますが、
基本的に離れているポジションで抜かれるので、
蘇生がそれほど難しくないという事もあります。

ウチのチームでは、
スナイパー(「さいたま」に限らず)一人、
ショットガン二人という編成が多いです。
開始時、スナイパーが一人抜いたらそこから飛び込んでこじ開けてもよく、
膠着するようなら狙撃手にルートを睨んでおいてもらって、
ショットガン部隊が別ルートから急襲し、
十字砲火を展開するということも出来ます。

武器性能そのものはやはり強力だし、
試合開始前に相手の装備をチェックする時は、
やはり「さいたまがいるか?」というところを見ますが、
結局は普通のスナイパーと同じ運用をしないと真価を発揮しないので、
そんなに毛嫌いされるほど強力かというと、
そんなんでもないなという感じがします。

むしろ「さいたまスピア」3人とかだったら、
射線が通らないルートから突撃して
乱戦に持ち込んでしまえばいいやと、
対処が幾分楽になりますからね。(笑)

|

« 【destiny】ハンターは強い | トップページ | 【destiny】一点豪華主義ショットガン »

【destiny】」カテゴリの記事