« 終わり無きハードル | トップページ | 相方は汁物が上手 »

衝撃自転車

E1058

あまりに立て続けに起こったトラブル。
ちなみに一本背負いの女子高校生は、
左肩を強打していたけれど、
無事とはいかないまでも大怪我はしていないようでした。

周りに居合わせたオッチャンとか、
コワモテのお兄さんとかが駆け寄って、
安否を確認したり、自転車をよけてやったりして。

転んだことは不注意であり不運だけれど、
大した怪我もなく、
周りの人に親切をもらったのなら、
それはかえって幸運と考えるべきだと思う。
 
 
 
というのも、その日の夜、
料理をしていて、包丁で指を切ったんですよ。
それは不注意で不運だったのだけれど、
たまたまツメのところに当たって止まり、
ツメを削って皮を切っただけで済んだ。

大して痛くなかったし、
血も出ず、
それでも恐怖の体験から反省と注意点だけはもらえたわけで、
それはすんごいラッキーなことなんだよな。

その論法でゆくと、
風の強い日にヒラヒラのスカートで自転車に乗ったあのお姉ちゃんは
確かに不注意で不運だったが、
私は思わぬ眼福を得られて超ラッキーだった。
 
 
 
すなわちアレだ。
上の3つの事象から得られた教訓は、

小さなアンラッキーは、
実は大きなラッキーなのだ。

ということなんだな。
(イヤイヤイヤ…)


|

« 終わり無きハードル | トップページ | 相方は汁物が上手 »

「【日常の話】」カテゴリの記事

コメント

痛っ!!!!
痛いっ!!!
特に自転車一本背負いがものすごい綺麗に想像できて痛い
ラッキーだったから小さなアンラッキーで済んだってことですか
ひょっとして平和な日常を過ごしていること事態が
大大大ラッキー様のおかげということですね!

投稿: D | 2006年5月30日 (火) 00:13

前タィャに 物が引っかかると
すごぃ勢いで背負い投げされます(汗

俺も酔っ払って
車道の溝に突っ込んだ事がありますが
ぁぁぃぅ瞬間、一瞬意識が他に飛ぶんで
瞬発的に自力で立ち上がれないんですょね(恥

ともかく言ぃたいのは
目の保養は大切な事です(笑

投稿: ふぅた | 2006年5月30日 (火) 01:17

MTBだとブレーキの利きがいいのと重心の高さから
一本背負い喰らうことありますよ

幼い頃なんか母の自転車(子供乗せる籠に座り)にバックドロップ喰らいましたし…

投稿: GFM | 2006年5月30日 (火) 01:38

お~、コメント欄復活してるじゃないですか!!(=´∇`=)

うぁ、一本背負い痛いですね…。。
以前坂道をガーッと下って曲がり道に差し掛かったとき、曲がりきれずにガードレールにぶつかってハンドルボディブローを喰らったことがあります。

そんな私にも目の保養をプリーズ!!

投稿: ナカ | 2006年5月30日 (火) 04:16

信号待ちでよかった。
もし運転中なら、ヨソ見で自分も何か事故になってたかも。。

投稿: AB さそり座 バツイチ の 考え方  | 2006年5月30日 (火) 07:11

20年以上前の話になりますが自転車一本背負い受けました。
1.3m位飛んで
2.受身を取って
3.その勢いで立ち上がり
4.何事も無かったように自転車まで戻って
5.自転車を起こそうとした瞬間激痛!
鎖骨が折れていました。

投稿: 店長 | 2006年5月30日 (火) 07:27

どーも、お久しぶりです。
いや、まぁ、一方的にはずっと見てるんですけど。
お祝いの言葉やらいろいろあるんですが、とりあえずまたの機会に(笑

私も幼少の頃、愛用の自転車に綺麗に一本背負いをいただいたことがありますが、会社の先輩はほんの3年ほど前、猛スピードで道路の縁石にぶつかり、夜空に綺麗な弧を描いて飛んでいった事があります。
その時、その先輩と一緒にいた友人曰く
「一瞬で前を走っていた先輩の姿が消えて、気がついたら空を飛んでた。その時は「ハリーポッターみたいや!」と興奮したよ。」

先輩は入院しました。

投稿: ゆーす | 2006年5月30日 (火) 08:43

☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆
コメントが再開していますぅ♪
嬉しいです^^
さちも自転車に1本背負い喰らったことがあります。
中学生のときでしたが。
えぇ…自分の足が後輪にからまったのですよね…
その後ソフトボールの試合をこなしましたw

その様子を目撃したのが信号待ち中で良かったです。
安心して目の保養できますものね^^

投稿: さちのすけ | 2006年5月30日 (火) 08:51

>小さなアンラッキーは、
>実は大きなラッキーなのだ。

トシさんが、スーパーポジティブ人間なだけだと思います。

でもそれって、周りを明るい気持ちにさせるので、すっごく大切なことでもあります。

ネガティブなヤツって最悪なんだよな。


投稿: k | 2006年5月30日 (火) 09:16

私も自転車に一本背負いされたことがあります。ハンドルに傘をぶらさげていてはいけません。

ただ、背中にカバンを背負い、たまたまその中に分厚いアフタヌーンといった漫画雑誌を入れていたため、背中から落ちたことも幸いし、クッションになってまったくの無傷でした。

以来、漫画雑誌は手放せません(^^;)ぉぃ。


それにしても2コマ目の方はほほえましいなぁ…。そういう場面に巡り会いたいものです(^^;)ぉぃぉぃ。

投稿: 拝御 礼 | 2006年5月30日 (火) 12:40

コレ、私のための記事?
まだ10代の頃、ロングのフレアスカートで自転車にのってたら、突風。めくれ上がった!と思ったら、後輪にスカートが絡み、一本背負いされました。幸い?怪我もなく、人通りも無かったので、下着を見られる事も無く。あははは。

投稿: みっく | 2006年5月30日 (火) 19:26

私もスカートで原チャリに乗っていた時、前方の信号が黄色に変わったので加速したところ、前を走る車が急に止まったので追突してしまいました。
その衝撃で反対車線に吹っ飛んだのですが、激痛の中、集まる人たちの視線を感じ、スカートを引っ張って直したのを覚えています(汗)。
でも、怪我も大した事なくて、不幸中の幸いでした~。(^^ゞ

あっ・・私が起こした事故は笑い事じゃ済みませんねorz

投稿: すず | 2006年5月30日 (火) 20:41

現役高校生は毎日目の保養してます♪(ウザ)
僕は小学生のころ、自転車で爆走してたら石を踏んで宙返りしたことありますね。右腕を痛めただけの軽傷でしたけどw

投稿: カズ | 2006年5月30日 (火) 22:23

>>Dさん
>痛っ!!!!

そう…見ているだけで痛かったですよ…。

>ふぅたさん
>ぁぁぃぅ瞬間、一瞬意識が他に飛ぶんで
瞬発的に自力で立ち上がれないんですょね(恥

そうそう。
ショックですよね。

>ともかく言ぃたいのは
目の保養は大切な事です(笑

そうそう、
だから目の保養が重要…

って、
Σ(゚Д゚;エーッ!!

>GFM さん
>幼い頃なんか母の自転車(子供乗せる籠に座り)にバックドロップ喰らいましたし…

まさに「お母さんのバックドロップ」…。

>ナカさん
>ガードレールにぶつかってハンドルボディブローを喰らったことがあります。

私、高校のころ、自転車で公園の柵に突っ込んで、某急所を痛打したことがあります。
あまりの痛さに「不能になったかも…!」と思いましたが、機能的には問題ありませんでした。
「腫れて大きくなっちゃうかも!」と思いましたが、もちろんそんなこともありませんでした。

>AB さそり座 バツイチ の 考え方さん
ご心配なく。
余所見の怖さはよ~く分かっておりますので…。

>店長さん
> 5.自転車を起こそうとした瞬間激痛!

アレって、やっつけた当初は動転しているものだから、意外に気付かないんですよね。
動かしてやっと故障に気付く…みたいな。

>ゆーすさん
>「ハリーポッターみたいや!」と興奮したよ。」

転んだ後に、手に羽のついた金色の玉を持っていればヒーローですね。

>さちのすけさん
ええ。
前者は保養になりましたが、
後者はそれどころでなく、保養はどこかへ吹っ飛びましたよ…。

>k さん
>トシさんが、スーパーポジティブ人間なだけだと思います。

前向きに見たほうが面白いことが多いので…。

>拝御 礼さん
>以来、漫画雑誌は手放せません(^^;)ぉぃ。

そのうち、撃たれてしまったところ、
たまたまフトコロにしまっておいたアフタヌーンで銃弾が止まり、一命を取り留めるということがあるかもしれません。

手放さないで!
アフタヌーン!!!

>みっくさん
もう、なんと言っていいやら…。

>カズ さん
しっかし、
意外なほどに多いですねえ。
チャリンコ一本背負い経験者。

投稿: 管理人@寿 | 2006年5月30日 (火) 23:32

一本背負はありませんけど
MTBで立ち乗りしながらブレーキしたら巴投げ喰らいましたよ…

いやぁ~見事に吹っ飛んだ…検問の自衛官に
笑いながら助けてもらいましたよ

投稿: GFM | 2006年5月30日 (火) 23:42

初めまして。

私も一本背負い経験者です。
高校生のとき。
イマドキの自転車はサドルの裏とかサドルそのものがロックされるようになっていますが、当時の自転車では前輪についていました。
で、カギにつけていたキーホルダーがロックをまたいで自分側でブラブラするのがどうにも気になる。
走行中それを蹴飛ばして元の状態に戻すのがある種の楽しみになっていました。

まぁ想像はつくと思いますが…

キーホルダーを蹴飛ばしたはずの爪先がスポークに突っ込み、前輪の運動が停止。
慣性の法則に従い、一本背負いの完成。

幸い私のカラダは、足の甲が真っ青ぷっくり腫れ上がったことと打撲ですみました。
むしろ自転車の方が重症で、スポークがバキボキに折れ修理の費用と時間が…

投稿: 月見 | 2006年5月31日 (水) 01:32

ちょっと自転車から話題が逸れて恐縮ですが…

> そのうち、撃たれてしまったところ、
>たまたまフトコロにしまっておいたアフタヌーンで銃弾が止まり、一命を取り留めるということがあるかもしれません。

何をおっしゃいますやら。懐はあけておきますですよ。素直に撃たれます。
そして虫の息でも懐のタバコをくわえ、「ああ…うめぇなぁ…」と一言。嗚呼、男のロマン(^^;)謎。

そういえばマスターはまだ撃たれていませんでしょうか?(^^;)ぉぃ

投稿: 拝御 礼 | 2006年5月31日 (水) 12:21

>GFMさん
> 検問の自衛官に
笑いながら助けてもらいましたよ

それはバツが悪い…。

>月見さん
>当時の自転車では前輪についていました。

そうそう、
最近の自転車って、後輪の方にカギついてますよねえ。

>拝御 礼さん
>そういえばマスターはまだ撃たれていませんでしょうか?(^^;)ぉぃ

大丈夫ですよ。w
こないだ、「薬膳カレー」とかいう甘苦い食べ物もらいました。w

投稿: 管理人@寿 | 2006年6月 1日 (木) 01:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃自転車:

« 終わり無きハードル | トップページ | 相方は汁物が上手 »