お掃除シート棒術の鍛錬

E31151

続きを読む "お掃除シート棒術の鍛錬"

| | トラックバック (0)

背徳的愉悦

E27661

続きを読む "背徳的愉悦"

| | トラックバック (0)

密かな楽しみ

E27631

続きを読む "密かな楽しみ"

| | トラックバック (0)

朝市の威力

E2210

朝市の食材は本当に安い。
スーパーなどで売っているものの2倍の量で、
半分の値段などということはザラなのです。

まあもちろん、スーパーなどと違ってそこいらじゅうにあるわけではないので、
わざわざ交通費をかけていくとなるとスーパーのほうが汎用性と利便性に勝るのですが。

それにしても朝市のお得感は、
買い物というより獲物を狩ったような恍惚感さえ生み、
相方のテンションを高まらせるほどの威力があるのです。

すげー、朝市すげー。

| | トラックバック (0)

経済傍観

E2034

続きを読む "経済傍観"

| | トラックバック (0)

一人風呂の楽しみは…

E2015

| | トラックバック (0)

夜の稲光に大興奮

E0755

ただでさえ、カミナリというものは胸が躍るものですが、
夜のカミナリというものはまた格別といえる。

闇夜に不吉な亀裂を描く雷光。
一瞬、すべてをモノクロに染め果たす光の威力。
その直後に鼓膜を打ち付ける大轟音。

ただ事ならぬ天候に、
気分は高揚し、

「非日常への期待感」

というか、そういったものがむくむくともたげてくる。
 
 
 
発作的に花瓶を誰かの頭に炸裂させたり、
(炸裂させないけどね。)

発作的に衝撃の告白をしてみたり、
(しないけどね。)

発作的に悲壮な決意のひとつも固めたりしたくなる。
(固めないけどね。)
 
 
 
ありとあらゆる
「なんちゃって」
で遊ぶに、またとない夜と言える。

| | トラックバック (0)