« 修験妻 | トップページ | 青春の碑 »

【Detroit Become Human】一周してみて思ったこと【微ネタバレ】

Det01

今月のPS+フリープレイで提供されている「デトロイト・ビカム・ヒューマン」をプレイしてみた。

あらすじは、ごく近い未来。
ほぼ人間というレベルにまで精巧に作られたアンドロイドが、
人間に隷属している世界。
しかしあまりに人工知能が高性能に作られたため、
アンドロイドの中に自我と感情を見出す「変異体」が現れ、
それぞれが人間に対して行動を起こし、やがて糾合されていく。
というお話を、三人の「アンドロイド側視点」からプレイするというアドベンチャーゲーム。

あと数年で、AIが人間の知能を超えるとされるシンギュラリティ(技術的特異点)
が起こるのではないかと言われているこの時期、
非常に興味深い内容でした。

っていうか三十数年前小学校で
「機械が発達したら要らなくなるもの」
という題で班ごとに発表するという授業があって、
クラスメートが切手~とか車~とか意見を出す中、
想像を進めていくと、どう考えても人間が要らなくなるよな~と思って
「人間!機械が機械を使って、作って、直せるようになったら人間がいらなくなる!」
と一生懸命意見したんだけど、
「ナニ言ってんだこいつ?」
という目で見られ、却下されたのを思い出した。
だからアンドロイドに仕事を取られ、困窮してアンドロイドを憎みつつも、
アンドロイドを頼らないと色んなものがまわらないこの世界観が、
「そうそう、こうなるよね」
という感じで、数十年経ってわが意を得たり感を覚えたりしました。

ネットで、先達者の話を聞いていると、
「情報無しで行き着いたエンディングが、その人の考えかたをよく表している」
という評判だったので、
攻略情報などは敢えて見ないで思うとおりに進めてみたところ、
アンドロイド側が人間に対抗しうる一大勢力となって、
人間の鎮圧攻撃に対して武力勝利。
人間はアンドロイドを新たな知的生命体として認めざるを得なくなった。
というエンディングになりました。
主人公の3人はいずれも生存(その周りは死屍累々ですが)というパターンでした。
コレ、進めかたによっては全く違う展開になるらしいです。
当然人間側が勝つパターンもある。

E78051

E78052

自分は平和主義者なので、
当然「こちらの意見を聞いて欲しい。話し合おう。」というところから始めました。
しかし残念なことに先方(人間)が有無を言わさず発砲してきて、こちらに死者が出たため、
速攻で反撃することにしました。
そして各地で着々とアンドロイドを覚醒(変異化)させ、
放送局を占拠し、プロパガンダを展開。
メーカーに潜入し、起動前の何万体というアンドロイドを一斉に覚醒させ兵力爆盛り、
その上生産ラインも押さえて補充、修理も思うがままという陣容を作り上げ、
デトロイトを武力制圧して、人間側に威力を持って認めさせたという形になりました。
結果的に流血沙汰になりましたが、飽くまで先に手を出したのは相手側であり、
こちらは防衛のための戦いであり、筋の通った正義があるという形にもっていく
実にアメリカ的な手法を採った次第です。

個人的にはこのエンディングは納得できる気がします。
だって、今まで隷属させられていた階層が、上に楯突こうという話なわけで、
完全にこちらを下に見ている相手に話し合いで解決しようなんてのはそもそも無理。
万が一上手くいったとしたって、それは「懇願を聞き入れてやった」というだけの話で、
立場は変わらない。
だったら一度戦って、お互いに痛い目を見るか、
均衡しうる軍事力を持って示威行動をすれば、
全体に恐怖と敵意をベースにしたスキマが生まれ、
ようやく交渉のテーブルが用意されるのだと思います。
ナメられるとかえって戦いを避けられなくなることが多いもんね。

たまたま近くにいるからって、無理に仲良くする必要はないんです。
ていうか近いほど自然と利害が絡み合うのだから、仲良くするのは難しいもんですよ。
だったら一定の緊張を保って間合いを取るのがむしろ安定する気がします。
互いにある程度警戒しているほうが、かえって相手のいいところが見えますしね。
戦略的均衡って大事。

平和主義とは、
「相手に敵意をもたれないように武器をなげうって媚びる」じゃなく、
「戦うなら殺す気でいくけど、話し合う意思があるなら話し合うよ」
なのだと個人的に思う。

ちなみにこのゲームはプレイヤーごとの各選択がリアルタイム集計され、
「世界の選択」としてみる事が出来る。
それによると

マーカス:23%(革命を起こし勝利する)
カーラ:5%(収容所で殺されそうになるも、革命の成功によりアリスとともに生還)
コナー:11%(サイバーライフでアンドロイドの覚醒に成功。生還)

という結果でした。
実に色々考えさせられる、面白くも興味深いゲームでした。
次は攻略サイトを見つつ、一番よいとされる全員生還のグッドエンドも観てみたいと思いますね。
【PS4】Detroit: Become Human Value Selection

スポンサードリンク

|

« 修験妻 | トップページ | 青春の碑 »

【ゲームおじさんの話】」カテゴリの記事