« 意地悪志望 | トップページ | やらかしアイス »

スポンサーリンク

欠席裁判

E69051

昨日の話と似たり寄ったりになっちゃうんだけど、

「いない人の悪口を言う人」

がすごく苦手なんです。

行為そのものが卑劣でみっともないというのはもちろんあるけど、
陰口好きな人というのは、
それをつかって味方を作ろう、
連帯感を得ようと必死になっているのが透けて見えて、
情けないやら哀れやら…悲しい気持ちになってくる。

悪口は盛り上がるとか、
間を持たせるための技術とか思ってそうだけど、
そんなことで盛り上がってなにが楽しいのかわからない。

いない人の悪口を持ちかけられて、
「一緒に気持ちよくなろう?仲間になろう?」
とこられたら、
「ハアソウデスカネエ」
というあいまいな相槌とともに
すぐ逃げることにしている。

陰口好きと付き合っても、
陰口を言ったり言われたり以外のことが出来ず
得るものがないし、なにより面白くない。
どうせ自分がいなくなったらこっちの悪口言い出すんだろうしね。

という話を妻にしたら、

「PTAとかの話合い終わると、そういうの始まることがあるけど、
私も苦手だから”仕事なんで~”ってすぐ離脱するなぁ」

という。
そういう人で本当によかった。

気に入らないことがあるなら本人に言えばいいのである。
コソコソするのはかっこ悪いし、
なんの解決にもならない。

自分なんかは言うどころか
ネタにして全世界に発信しちゃったりするので、
これはこれで困ったもんだなと思ったりもするけれど、
陰口よりは正々堂々としているぶん、マシというものだと思う。

E69052

凡人同士の足の引っ張り合いから抜け出す方法。妬み、陰口、いじめを避けて出世競争に勝つ。 10分で読めるシリーズ

スポンサーリンク

|

« 意地悪志望 | トップページ | やらかしアイス »

【つぶやきの話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/65199120

この記事へのトラックバック一覧です: 欠席裁判:

« 意地悪志望 | トップページ | やらかしアイス »