« モヤモヤ状態 | トップページ | リミット付きの幸運 »

狩る者狩られる者

E58711

「新発売のビールです。試供品ですので一本いかがですか?」

スーパーのビール売り場で売り子のお姉さんに捕まってしまった。
私は試食とか試供品というやつが大の苦手なのだ。
食べたのに買わないと分が悪い気がするし、
買ったら買ったで予定になかったものを買わされた気がして、
胃には落ちれど腑に落ちない。
そんな違和感である。

E58712

とにかく受け取りたくなくて、
咄嗟に、自分でも呆れるくらい妙なウソをついてしまった。

しかし考えてみると、
今日はビールを買いにきたのだった。

弱った。
お酒売り場の前には両手に試供品の小さな缶を持ったお姉さんが、
渡す相手を間断なく物色している。
「寄らば斬る」
といわんばかりの気迫だ。

E58713

仕方が無いので、一緒に来ていた相方に事情を話して、
買ってきてもらった。

相方は何事もなくビールを購い、
一切の頓着なく試供品をもらってきた。

あれほどこだわっていたクセに、
せっかくなのでそれも飲んだ。
コクがあって、まろやかななかにもキレがあり、
大変美味しかったです。

スポンサードリンク

|

« モヤモヤ状態 | トップページ | リミット付きの幸運 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狩る者狩られる者:

« モヤモヤ状態 | トップページ | リミット付きの幸運 »