« 手の中のデジタル | トップページ | 突撃!お手伝い~掃除機編~ »

おもしろき こともなき世を おもしろく

E48401

[為末大]羨ましがる事はみんなにある。
問題なのは嫉妬心によって発展性の無いものに執着してしまうことだ
〜他人の浮き沈みに一喜一憂し誰かをけなしても、
自分の人生は何も変わっていない
為末大学より一部抜粋

二十代の中ごろ、大きくなりすぎてしまった自尊心を持て余して、
とても苦しい思いをしたことを思い出した。

今の奥さんが気長に付き合ってくれたのと、
たまたま始めたネット日記で自分自身を客観的に見たことで
自分と他者との差を、
膨らませた自尊心の風船でごまかそうとしていることに気づけた。

他人の粗をつついてを責めたてると、
それだけで「何かした」という気になる。
「失敗しない自分は(なにもしてないから失敗もしない)、
失敗したコイツより上だ」と思う。
自分は偉くて有能だという錯覚に陥る。
それを繰り返すうちに、
自分のなかの借り物の価値観で出来た自尊心がふくらみ、
ますます他人のアラばかりが見えるという
性質の悪い悪循環に陥っていたんだと思う。

あまりに卑怯で矮小で、
怖気が走るほど醜い自分をみて、
「このままじゃいけないな」
と痛感させられた。

E48403

他人を悪く言っていないとやりきれない気持ちは
痛いくらい分かるし、
それを乗り越えるのがどれだけ大変かというのも
腸が熱くなるくらいわかる。

でも、それにすがっているうちはどこにも行けないんだよね。
やっている本人は全然気づかないどころか
「間違えてない」って思えちゃってるけど、
見える人には滑稽を通り越して悲惨といえるほど
見えちゃってる。

E48402_2

割とギリギリのところでなんとか気づいて、
それなりに痛い思いをして溺れることは避けられたけれど、
いったん膨らんでしまった自尊心の風船で空いた
スペースを埋めるのはなかなか大変で、
自分の中にもいまだにその空洞があって、
引火性の劣等感ガスがただよっている。
ま、それもまた自分の一部として認めて、
抱えて生きていくしかないんです。

自尊心ってやつは、
使い方を間違えると、とても危ういものなんだと思います。
気をつけたいと思いますねホント…。

スポンサーリンク

|

« 手の中のデジタル | トップページ | 突撃!お手伝い~掃除機編~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/58964215

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろき こともなき世を おもしろく:

« 手の中のデジタル | トップページ | 突撃!お手伝い~掃除機編~ »