« まんじゅうからカマボコへ | トップページ | 石窯出来上がり »

火入れ

E4316

S47

薪を井げたに組む。
焚きつけには割り箸が便利です。

S49

いざ、点火!
めらめらと燃えていきます。

S50

今回の火入れは耐火モルタルの乾燥と、
耐火レンガ部分の焼き締めが目的。
窯内部のススが焼ききれるくらいまで温度を上げると、
モルタルとレンガに含まれていた水分が
蒸発してもうもうと湯気が出てきます。

スポンサードリンク

|

« まんじゅうからカマボコへ | トップページ | 石窯出来上がり »

【石窯の話】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火入れ:

« まんじゅうからカマボコへ | トップページ | 石窯出来上がり »