« 石上に架ける橋 | トップページ | 火入れ »

まんじゅうからカマボコへ

E4315

というわけで
今回はスペースの都合上
ふた周りほど小ぶりな「カマボコ型」石窯を作ってみることにする。
上手くいくかどうかは作ってみないとわからない。

失敗しても知識と経験は身につくわけだから、
次回のトライに活かせばよい。

S42

というわけで、カマボコ部分のアーチを組む。
本来だと土だんごを作って支えにするのだけど、
今は冬で土も凍っているので、
あり余る雪を使って支えにしてみた。
これまた初めての試み。
上手くいくかどうかはわからないけど
とりあえずやってみる。

説明書も定石も無いのが、
石窯作りの醍醐味だと思う。

S43

二層目のアーチ。
耐火レンガは非常に硬くて加工が難しいので、
ある程度融通を利かせた使い方をする。

S44

背面の壁も作った。
窯の原則は「蓄熱」と「断熱」。
陶芸の窯となれば、1,200℃までの熱量を稼ぐために、
火の流れの計算や、さらなる蓄断熱の手法が要りますが、
料理、ことピザに関してはそれほどうるさいことはないと思います。

パンとか作るとなると、温度管理や蒸しのことも考えないとならなくなりますが…

これは「蓄熱」を担当する部分。
これから断熱部分を作っていきます。

スポンサーリンク

|

« 石上に架ける橋 | トップページ | 火入れ »

【石窯の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/56668844

この記事へのトラックバック一覧です: まんじゅうからカマボコへ:

« 石上に架ける橋 | トップページ | 火入れ »