« ミクロでマクロな好奇心 | トップページ | 縦割りな仕事 »

息づくルビー

S52

「熾き火」。

木の表面が燃えきって、中心部分に炎が残った状態(だと思う)。
静かにゆらゆらした光は、
とても幻想的で美しいです。

また、熱が高いので、
窯の中の温度調整などでも使える、
重要なパーツなのです。

スポンサードリンク

|

« ミクロでマクロな好奇心 | トップページ | 縦割りな仕事 »

【石窯の話】」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息づくルビー:

« ミクロでマクロな好奇心 | トップページ | 縦割りな仕事 »