« ロック・アンロック | トップページ | 陶芸日記 ~もはやユニフォーム~ »

陶芸日記 ~窯焚き今昔~

S007

窯焚き。
シャトルという形式の窯です。
レールで窯底を引き出せるため、
窯詰めは比較的楽だったりします。

S006

温度計。
1,088℃あります。
大体1,230℃付近まで上げて、
そこでしばらく「ねらした」後に消します。

E4299

酸化焼成=酸素を十分供給して焼く方法
還元焼成=酸素をややしぼり、故意に「不完全燃焼」にして焼く方法
釉薬の発色が変わったりする

スポンサーリンク

|

« ロック・アンロック | トップページ | 陶芸日記 ~もはやユニフォーム~ »

【陶芸日記】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/56538514

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸日記 ~窯焚き今昔~:

« ロック・アンロック | トップページ | 陶芸日記 ~もはやユニフォーム~ »