« ドッキリ目覚まし | トップページ | バブルなバルコニー »

身にしみて分かった話:説得力

E2988

言葉ってのはホント、
何を言うかではなくて、誰が言うか。
なんだよなあ~と。

言葉は誰でもしゃべれるし、
字だって大体みんな書けるけど、
それがもつ重みは平等ではないと思う。

けなす言葉の技法とか、
内容のない屁理屈が妙に発達している昨今。
言葉の重みがごまかされがちになっているけれども、
やはり経験や実績のある人間の言葉は「重い」し、
軽薄な人間の言葉は、
同じかそれ以上に軽薄な人間にしか影響しない。

「他人を変えたいなら、自分が変わるしかない」
って言葉は、本当にその通りだと思う。
自分が目的に向かって行動していれば、
必ず誰かが見ていて、手を差し伸べてくれる。

誰も認めてくれないと不満を持った時は、
周囲の人間を疑うより先に、
自分自身の説得力に疑問を持ったほうがいいんじゃないかと思ったりもする。

スポンサーリンク

|

« ドッキリ目覚まし | トップページ | バブルなバルコニー »

【身にしみて分かった話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/48930793

この記事へのトラックバック一覧です: 身にしみて分かった話:説得力:

« ドッキリ目覚まし | トップページ | バブルなバルコニー »