« 芸術作品 | トップページ | 反抗期 »

ムスメの初ジブリ

E2614

先日、家族で「崖の上のポニョ」を観ました。
いや~、やっぱしジブリ作品って動きが気持ちよくて楽しい。
2歳のムスメに分かるかなあ?
と思っていたのですが、やはり次々に展開される生き物のような絵に、
ひたすら目を奪われていました。
ただ画面の動きを楽しんでいるだけなのかなー…と思っていたら、
主人公の男の子のお母さんが出かける場面でポツリと
「おかあさんどこいったの?」
と訊いてきて、およ!思った以上に理解して観ているんだなあと驚きました。

個人的感想としては、
「面白い!」というより、なんていうんだろう、
絵本を読み聞かせてもらったような感覚でした。
何度でも眺めたくなるような絵本。
出てくる人も、物語そのものまで、
みんな大らかで思いやりにあふれているのがとても心地よかったです。
人の親になってから特に感じますが、
壮大で過激な面白さもたまにはいいけど、
小さくて穏やかな表現って、すごく大事だなって思います。

「ポニョ」を観終わった後、すぐさま「もういっかい!」と言ったムスメ。
とても気に入った様子なので、
今度は「となりのトトロ」あたりを見せてみようかな?
と思っております。

スポンサードリンク

|

« 芸術作品 | トップページ | 反抗期 »

【家族の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/45681272

この記事へのトラックバック一覧です: ムスメの初ジブリ:

« 芸術作品 | トップページ | 反抗期 »