« 歌は世につれ | トップページ | 味覚再現 »

スポンサーリンク

寝るのが憂鬱

E2199

最近いわゆる悪夢ってやつをみることが多い。

夢って人によって感じ方が違うらしいのですが、
私の場合、フルカラーで、温度や感触、痛みなどの感覚も全てリアルにあるタイプなので、それが美味しいものを食べたとか、気持ちいいことをしたなどの場合はすごくお得なのですけど、悪夢を見た時の消耗は大変なものになるのが困りものです。

で、その内容というのも大体決まっていて、
車に乗っていてブレーキが効かなくなるという危機一髪モノ、
交通事故など取り返しのつかないことをしてしまう悔恨モノ、
ナイフなどで刺される激痛モノなどなど…

最近よく見るのが、コレ
無数のヒルに体中とりつかれたり、
クモの巣に絡まって巨大なクモに迫られる昆虫系悪寒モノ。
本当に勘弁してくれっていうくらいリアルに痛くて気持ち悪くて、
目が覚めて夢だとわかっても、思わず布団をめくって虫がいないか確かめてしまいます。

しかし、実際ヒルに取りつかれたことなんてないのに、
やけにリアルな痛みや感触があるんです。
あの情報ってどうやって作ってるんだろう?
「たぶん、こんな感触でこんな痛みだろう」って脳が作るんですよね~。
脳の想像力ってすごいなあ~と、
夜中の布団で息を整えながら感心するのでした。

スポンサーリンク

|

« 歌は世につれ | トップページ | 味覚再現 »

【つぶやきの話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/44531018

この記事へのトラックバック一覧です: 寝るのが憂鬱:

« 歌は世につれ | トップページ | 味覚再現 »