« 潜在的肩こり | トップページ | ホームドラマとKY臓器 »

健康第一でも不安

E1965

ムスメは生まれてこの方、ほとんど病気らしい病気をした事がない。
周りで同じくらいの子供を持つ人に話を聞くと、
みんな一度は高熱を出したとか、
病院に担ぎ込んだとかいう話まで聞くのだけれど、
そういうものが今のところほとんどないのです。

一般に、男の子より女のこの方が、
体は丈夫なのだそうで。
なんでもDNAの染色体のナンチャラが
XXとXYでホンニャラなんで、トッピンパラリのプウなのだとか。

ほほ、ここで出所不明聞きかじりの生半可な知識を得意げに披露すると、
すぐさま物知りな読者様から突っ込みがはいるのでやめておきます。

どうやらこういう体質は、母親から受け継いだものらしい。
嫁さんもムスメくらいの頃から全然病気をしなかったそうだ。
ちなみに私はムスメくらいのときに小児がんやら自家中毒やらで、
「生きていたのが不思議なくらい」
何度も死にかけたそうなので、
そこを受け継がなくて本当によかったなあ・・・と思っていたりします。
まあ、死にかけても死なない生命力と、いざという時の強運(?)は
是非譲りたいとは思いますけど。

病気をしないことはとてもいいことだし、
すごく親孝行なムスメだと思う。
しかし、罹らないなら罹らないで不安にもなります。
免疫がつかないのでは?とか、
突然大きな病気になったりして?とか。
つくづく人間ってのは、
不安を見つけるのが好きな動物だと可笑しくなります。

それが果たしてどうなのかはわからないけれど、
できればこれからも、
大した病気も怪我もせず、健やかに育ってくれればいいな。
と思います。

うんうん。

スポンサードリンク

|

« 潜在的肩こり | トップページ | ホームドラマとKY臓器 »

【子供の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/42203145

この記事へのトラックバック一覧です: 健康第一でも不安:

« 潜在的肩こり | トップページ | ホームドラマとKY臓器 »