« 謎のツボ | トップページ | 近頃の若い者は… »

スポンサーリンク

物干しの連帯感

E18881
E18882

天気が好ければ、洗濯はちょっと面倒くさいものだけれど、
悪天候が続いた時の晴れ間にする洗濯には、
権利を得たようなお得感がある。

晴れ間の物干しは、
「足りること」の満足感を再確認できる、
貴重な機会だと思うのです。

豊かな国に住んでいると、
足りていることが当たり前になって、
ほとんどの足りていることへの満足、感謝よりも、
少しの足りていない部分への不満、不快が大きくなってしまいがちなのですね。

ちょっとの晴れ間にする物干しは、
足りたということへのありがたみが嬉しい。

他所んちの物干しをみても、
足りたことへの感謝が掲げられているようで、
これもまた嬉しい。

スポンサーリンク

|

« 謎のツボ | トップページ | 近頃の若い者は… »

【つぶやきの話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/41412154

この記事へのトラックバック一覧です: 物干しの連帯感:

« 謎のツボ | トップページ | 近頃の若い者は… »