« なんかちょうだい | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

ゆっくり早く

E1781


ロクロの技は、早いほうがいい。
と思っています。

回しながらモタモタいじっていると、
粘土の中にどんどん水が入り込んで、
粘土が柔らかくなってしまうからなんですね。
柔らかくなると、せっかく立ち上がった粘土がダラリと下に戻ってしまう。
戻ってしまった土は、もう上にはあがりませんので、
成型分に取った粘土玉の中で、
カタチにならない土、つまりロスになってしまうのです。

ただ、早くあげたいからといって、
ロクロを早く回してグイグイあげてしまうと、
ノタ目(指のあと)が尖ったり、
器の肌がのっぺりと寝てしまい、
「硬い器」になってしまう。
そういう表情が欲しい時はいいのですけれど。

ゆっくり回して、しっかり手の中に土を掴みつつ、
ドベ(潤滑泥)を切らさないように、
「するする」と、掌から粘土が捻り出てくるようにゆったり挽くと、
ほっこりと土のツブが立った器になるわけです。

えー、つまりですね。
早いということは、分かりやすくスゴイんですけど、
ゆっくりのほうが難しいんですよ。

ゆっくりとモタモタは似ていますけど、
中身に理解が入っているかいないかという
けっこう大きな違いがあるわけで、
傍目にわかりづらくてややこしい。

つまり、ロクロの技は早いほどいいけど、
速さを追求すると、傍目にゆっくりになってくるのが面白いな。
と思うわけです。

う~ん、マニアックな上に分かりづらい。

スポンサーリンク

|

« なんかちょうだい | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »

【陶芸の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/40203499

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり早く:

» ゆっくり と モタモタ [北の夢想科学小説]
誰しも、新人だったことがあり、新入生だったことがある。 私が新人の頃に、先輩や上司から言われたこと。 「あわてなくていい。 だけど急いでやれ」 頭はクールに、体は汗だくでも。 ← こんな感覚で受け止めていた。 要は、パニック寸前でミスを誘発するような性急さを戒めながら、気を散らす(たらたら・とろとろ・のろのろ)ようではだめだよと教わった気がする。 ぐいぐいとテキパキと仕事を片してゆく(片付けてゆく)先輩もいれば、ゆっくりとした動作なのにきちんと後れない先輩もいた。 さっさ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 15:16

« なんかちょうだい | トップページ | 触らぬ神に祟りなし »