« ささやかなご褒美 | トップページ | 子供は見ている。 »

見えない功績

E1767


「ゴメンで済むなら警察はいらねえ。」

というわけで(どういうわけで?)、
ちょっとした用事があって、
謝っても許してはもらえない総本山、
警察署に行ってまいりました。

ん~、たしかに、
中は謝っても許してくれそうにない雰囲気…。
いや別に謝りに来たわけでも、
許してもらいに来たわけでもありませんけれども。

当たり前なのですが、
受付の方から奥にいる方まで、
屈強な骨柄に鋭い視線、
なおかつ色々な権限を帯びた方々がひしめいているわけで、
ニコチン消費量の高そうな空気もあいまって、
一般のそれとは2段階ほど違う、
張り詰めた雰囲気があるわけです。

手続きが済むのを待つ間、
なんとなく、怖いもの見たさでチラチラ見ていると、
ギラリと視線があったりして、
あわてて目を逸らしてから、
あ、今のは挙動不審ではなかったか…?
職務質問されたらどうしようか…
叩いて出るホコリはあっただろうか…
などと考えているうちに、
なんだか普段の所作までおかしくなっているような気がして、
最後にはもう、
とにかく一般的な解釈での善良な一市民をアピールし続けるしかないと、
ひたすら自販機と指名手配のポスターを凝視し続けておりました。
(かえって怪しいといえなくもない。)

でも、そういった威圧感はこちら側の人間を守ったり、
よからぬことを抑止したりするために身についたものなんですよね。

日常、割りと触れやすいテレビやラジオでは、
不正や不祥事ばかりが伝えられるため、
ついつい批判的な感情を持ってしまいがちだし、
高圧的に見えたりもするので、
反感を覚えることもありますけど、
そのおっかない睨みのおかげで起こらずに済んでいることって、
本当はすごく多いのだと思う。

「見えない功績」
というものに、
もう少し、感謝したほうがいいよな~、
と思った次第です。

Shoplogo002

|

« ささやかなご褒美 | トップページ | 子供は見ている。 »

【つぶやきの話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/40027832

この記事へのトラックバック一覧です: 見えない功績:

« ささやかなご褒美 | トップページ | 子供は見ている。 »