« 納涼効果 | トップページ | おすそ分け? »

もやしのおヒゲ

E1566

モヤシには開き直りが必要だ

スーパーなどで買い物カゴに入れるときも、
やたらにカサが増える割りに、レジでの数字にほとんど影響を与えないモヤシ。
「安くてカサが増えて、意外に栄養もあるから買うんだ!」
という開き直りが要る。

モヤシの側も開き直っている。
「安くてたくさん食えて栄養もあっけど、足は速いかんね。」
と開き直っている。

そうなると使う側も、
「知ってるもんね。ワッサワッサ使うもんね。」
と開き直らざるを得なくなる。

そしていざ料理に使う。
モヤシを洗って、ヒゲを取る局面において、
5~6本パキリとやったところで、後に控えるモヤシ群に辟易とし、
洗った後のザルの底に溜まっている自然分離したヒゲを、
「取ったもの」とみなし、仕込みを完成とする。

やはりモヤシには、開き直りが必要なのだ。

スポンサーリンク

|

« 納涼効果 | トップページ | おすそ分け? »

【つぶやきの話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/16035241

この記事へのトラックバック一覧です: もやしのおヒゲ:

« 納涼効果 | トップページ | おすそ分け? »