« 軽くなったら | トップページ | ボケ・クロスカウンター »

雑学の失策

E1328

スポンサーリンク

|

« 軽くなったら | トップページ | ボケ・クロスカウンター »

【夫婦の話】」カテゴリの記事

コメント

旧千円札(夏目漱石)の目と口の部分を折り曲げて遊んでたのを思い出しました。

見る角度によって、スケベ顔になったり、不機嫌そうな顔になったりするんですよね…。

投稿: 都筑てんが | 2007年1月10日 (水) 00:52

ダ、ダイジョウブダヨサチサン。
ボクモシラナカッタヨ!(汗)

わざとらしくサチさんをフォローしてみましたが、自分は、平面画はおろか、モナリザがそうである事も知りませんでしたてへっ

投稿: もっち~ | 2007年1月10日 (水) 03:38

視力ではなく「見え」に問題がある自分は、ポスターの人物写真と目があったことないです。みなさんはそんなふうにポスターが見えるんですね。うらやましいやら、え!? という新鮮な驚きをいただけた4コマでした。

でも、小倉城のトラの掛け軸とは、どの角度でも目が合いました。
「画家の計算ってすげえや」と、小学生の自分は感服したですよ。

投稿: くりごはん | 2007年1月10日 (水) 12:36

顔を中心にしているものは特にそうですね
やはりカメラ目線だからなのかな?
人の顔を見るときはまず「目」から見るからかな?

投稿: よっしー | 2007年1月10日 (水) 18:07

あーアイドルがテレビに出てる時、
俺の方に目線がきている思うのと同じ
理屈ですね。(ウワーオワッテルナ俺)

投稿: ザ! デイリーさくら | 2007年1月10日 (水) 21:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/13413145

この記事へのトラックバック一覧です: 雑学の失策:

« 軽くなったら | トップページ | ボケ・クロスカウンター »