« 教育的指導 | トップページ | 新車購入! »

予約、危機一髪!

E1194_1

子供を持って実感したことなのですが、
宮城県では本当に分娩可能な産婦人科が少ないらしい。
ひどいところでは、子供が出来ても
出産するところがなかなか見つからない、

『出産難民』

という現象まで起きているのだとか。

ウチも初めにかかった産婦人科から紹介されて分娩可能な産院に移ったのですが、
分娩予約は半年以上前だったにも関わらずギリギリでした。

少子化というヤツが、
新生児の受け入れ態勢をさらに狭めているという実情に、
なんともいえない寂しさを感じました。

スポンサーリンク

|

« 教育的指導 | トップページ | 新車購入! »

【子供の話】」カテゴリの記事

コメント

少子化が・・・というより、医師不足が少子化に拍車をかけている・・・という話を聞きました
リスクの大きさ、半端じゃない労働時間などなどでどうしても敬遠する医師が増え、ますます労働時間は過密に・・・といった現状のようです。
いざ妊娠しても、出産する場所がない!
片道一時間以上かけて隣の市まで・・・というお話も聞きました…
ホントこういうときいざという時のことを考えると怖いです
小児科や産婦人科というのは容態が急変しやすくトラブルも多く、その上の過密・・・
なりたくてなったお医者様も体を壊して続けれなくなったりもするそうで・・・(´д`;)
こういうところにもうちょっとお国のバックアップなどがあるといいのでしょうが・・・

投稿: 狐丸 | 2006年10月10日 (火) 00:16

いやぁそれは少子化のせいではないとおもいますよ。
給料はそこそこいいんですが(自治体の誘致合戦があるから)、訴訟リスクが高いのと、勤務がきびしいことが原因のようです。
産気づいたら夜中でも休みでもでてかないといけないから・・。
なんとかならないものですかねぇ。

投稿: さ。 | 2006年10月10日 (火) 00:20

少子化も原因の一つであるけれど、それ以上に医者が起こすミスへのバッシングが過剰である社会が、医者の中でも技術力が要求される産婦人科等の医師減少を招いていると考えることも出来る。

投稿: 無題 | 2006年10月10日 (火) 00:27

いやはやうちの状況と本当にリンクしていて面白いです。
うちも奥さんが今18週目で3月出産予定です。分娩予約しに行かなきゃいけないのにこの間の検診時にし忘れて明後日予約のためだけに病院いって来なきゃいけない状態だったりします。

その病院では20週までに予約を取らないといけなかったりするので(人気ということもあって?)本当に最近は出産する場所そのものが激減してしまってるんだなぁと感じてます。

今の状況からだと少子化が改善されても(最近多少改善されてるらしいですが)出産難民はしばらく増える傾向にあるかもしれませんね。
本当に寂しいことです。

投稿: Ryo | 2006年10月10日 (火) 01:26

寿さま
いつも楽しく拝見しておりますが、今回の記事だけは暗い気持ちになりました。
出産難民については、宮城県だけではなく、全国的な現象で、すでに社会問題化しています。
産科だけでなく、小児科をはじめ全体的な医療制度の崩壊が進行していると言われています。
参考リンク:ぜひこの機会にご覧ください。http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/cat2505911/index.html
予約がとれて本当に良かったですね。ご無事の出産を、心よりお祈りしております。

投稿: friedtomato | 2006年10月10日 (火) 07:24

1人めを産んだ病院は人気が高かったので、妊娠したって分かったらすぐに予約をとらないといけませんでしたよ。
妊娠2ヶ月で予約をしたんだけど、予定日が月をまたぐか、またがないか微妙な時は前の月はキャンセル待ちになることもしょっちゅう・・・
相方さんがまだ予約してなかったことに、ビックリしましたよ~。

投稿: きょんきょん | 2006年10月10日 (火) 08:56

はじめてコメントします。
4月はじめに出産予定ですが、私は里帰り先の病院が実家から1時間くらいかかります…。
11週で予約ぎりぎりでしたよ。つわりピークの中がんばって行ってきました。
ひどいところになると5週の段階で締め切られてるところもあるとか。
予約とれてほんとによかったですね。
ちなみに今の状況は産婦人科医さんにとってもつらい状態らしいです。なぜかよく検診時に愚痴られてます(汗)3人そろって同じ事を言ってたので相当申告なんじゃないでしょうか…。

投稿: いり | 2006年10月10日 (火) 09:12

私は分娩断られましたよ~。
9ヶ月過ぎていた時期だったので頭真っ白になりましたね。
結局50km離れた病院で出産しました。
お腹大きいのに電車で通った真冬の健診が大変でした。
分娩予約取れてよかったですね!!

投稿: けいこ | 2006年10月10日 (火) 10:24

分娩予約なんてしなければいけないんですね
この記事を見てはじめて知りました。
小児科や産科はリスクも高く、労働条件も厳しくて
医師が減ってるとは聞いていましたが
まさかこれほどとは!
お医者さんも患者さんもリラックスできるところはもうないんでしょうか・・・・

予約が無事に取れてよかったです^^

投稿: よっしー | 2006年10月10日 (火) 15:47

出産難民。分娩予約。
この言葉にはビックリしました。
産婦人科の実情って大変なんですねぇ。
来年になったら、妊娠しようって決めているので、よく勉強させてもらってます。
安産を祈念しております♪

投稿: はるか | 2006年10月10日 (火) 20:43

はじめまして。
私は二人の子持ちですが、産科医が足りない状況というのは最近になって知りました。
私が出産した病院は小児科もあって予約も不要で、市内には他にいくつかの産婦人科もあり、どうやらとても恵まれた環境にいたようです。
予約が取れて良かったですね。これからの記事を楽しみにしています。

投稿: yuki | 2006年10月10日 (火) 22:56

皆様へ

貴重な体験談、アドバイスを頂き、
まことにありがとうございました。

やはり、産院不足はだいたい全国的な現象なんですね~。

リスクが高いというのも、
うなずけます。

ウチの場合、運よく予約が取れて、
しかもなかなか評判の好いところのようで、
一安心しております。

重ねてありがとうございました。

投稿: 寿@管理人 | 2006年10月22日 (日) 22:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/12216782

この記事へのトラックバック一覧です: 予約、危機一髪!:

« 教育的指導 | トップページ | 新車購入! »