« 無言の残留要請 | トップページ | それはまるで森の小動物のように »

音速の校正士

E1008

本当に読んでいるのか?
と訊きたくなるほど、
相方は読むのが早い。

そこに持ってきて、
もともと私は読むのがかなり遅い。

しかし、これほどまでに差があるとは…。
相方、恐るべし。

スポンサーリンク

|

« 無言の残留要請 | トップページ | それはまるで森の小動物のように »

【ビックリな話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47244727

この記事へのトラックバック一覧です: 音速の校正士:

« 無言の残留要請 | トップページ | それはまるで森の小動物のように »