« 主役はニガテ…。 | トップページ | 熟知の代替案 »

祝福の期待

E0923

もちろん、酒の席での冗談なのですがね。
 
 
 

祝福の期待というものは、
周りの人がそれぞれこうして、
自分の気持ちのカタチをちょっとだけ変えて、
収まる空間をあけて待ってくれている。

みんなの「心待ち」が、「心のヒダ」が、
ぽっかりと「その存在」のカタチを作っているようで、
気持ちの空間がやたらに温かくて、
その温かさが嬉しくて。
 
 
 
世の中にはまるでブラックホールのように、
触る者、見た者の気持ちをすりつぶしてしまうような、
誰しもを暗闇に落とし込むような出来事があってしまう。

だからこそ、
それと対を成すもの。
誰しもが自分の元に呼び込みたくなるような、
居場所を作ってあげたくなるような、
相対的に反発力にも見える存在というものがとても眩しかった。
 
 
  
…まあ、ゲンジツ的にはスンゴイ重圧なんですけどね。
子供を持つということは、とんでもなく大変だということも分かる。
(今のところ、『アタマの中で』だけど。)

でも今は、その空間の美しさを素直に愛でていればいいじゃないかと。

そしてその都度、面白さとか、
嬉しさとかをつぶさに、時には無理してでも見つけて、
喜び、共有できる人間に、
私はなりたいと思うのですよ。ハイ。

スポンサードリンク

|

« 主役はニガテ…。 | トップページ | 熟知の代替案 »

【家族の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47283938

この記事へのトラックバック一覧です: 祝福の期待:

« 主役はニガテ…。 | トップページ | 熟知の代替案 »