« かつての雰囲気 | トップページ | 戸惑いの距離 »

早すぎた露呈

E0915

ネタでもなく、

ましてや狙ったわけでもない。
(こんなこと狙ってやってたまるか。)

自宅を出る直前まで相方と電話で打ち合わせをしていて、

「よし、行くか。」

という決意と共に、
無意識にズボンのポケットにしまったのだろう。
 
 
 
不自然なポケットのふくらみ。

途中で手土産を買ったり、お昼を食べたりしたはずなのに、
まったく気づかなかったのは、
それだけ緊張していたということに他ならない。
 
 
ちなみに、
相方の父上には小さく受け(やや失笑ぎみだが。)
このことをウチの家族に報告したら、
一同大ウケ。

私の伝説の新たな一ページとなりました…。

…喜んでいただけて何よりです。
 
 
 
※ちなみに、時系列的には結構前の話なので、
スーツを着ていないのはそのためです。

スポンサーリンク

|

« かつての雰囲気 | トップページ | 戸惑いの距離 »

【結婚前の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47284025

この記事へのトラックバック一覧です: 早すぎた露呈:

« かつての雰囲気 | トップページ | 戸惑いの距離 »