« 血脈の優先順位 | トップページ | 続・相方と雪 »

相方と雪

E0877

相方曰く、

「雪がモサモサ降っていると、用も無いのにコンビニまで行って、アイスを買って帰って、『寒い…!』とか言いながらワシワシ食べるのが好きー。」

なのだそうだ。

たしかに、雪がしんしんと降っている時。
フードをかぶってたたずんでいると、
耳が圧迫されるような静寂のなかに
パサパサという雪の降り積もる音。

まるで、白濁した液体の中にいるような感覚。
すこしさみしい懐かしさのような。
 
 
 
ともすれば孤独のような場所なのに、
傍にいる人の声だけがやけに澄んで聞こえることが、
お互いをつなぐ何かがハッキリ見えるようで、
とてもウレシイものなのですよね。

キミとの感じ方は違うかもしれないが、
私はこんな感覚で、好きです。

スポンサーリンク

|

« 血脈の優先順位 | トップページ | 続・相方と雪 »

【相方の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47285079

この記事へのトラックバック一覧です: 相方と雪:

« 血脈の優先順位 | トップページ | 続・相方と雪 »