« 裏の顔 | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ったのよ(その2) »

定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ったのよ。(その1)

宮城県は仙台市では、毎年この時期に

『定禅寺ストリートジャズフェスティバル』

というお祭りが開かれる。
 
 
 
『定禅寺ストリートジャズフェスティバル』とは、
定禅寺通りという大きな通りを中心に、
プロアマ問わずたくさんのジャズバンドが演奏をし、
仙台の街を音楽で染め上げてしまうというヒジョ~~~に
創造性豊かな催しなのです。
 
 
 
9月11日。
『定禅寺ストリートジャズフェスティバル』最終日。

日曜日ということもあり、仕事は抜け出せないにしろ少し早めに切り上げて、私は日曜の最終日のフィナーレを見に行くべくイソイソウキウキと地下鉄に飛び込んだ。

今年ももちろん相方と見るわけだが、
友人知人が演奏する側で参加している彼女は、昼間から先乗りしている。

連絡を取り合って、現地集合という手筈だ。
 
 
 
地下鉄に乗っている間に、空はすっかり暗くなり、上り階段の向こうにそびえ立つ141ビルは足元からライトアップされ、にじみ聴こえてくるジャジーな音楽とあいまってひどく幻想的に見えた。

広場に出た。
昼間からの湿気が、祭りの熱気に支えられてか地表に残っていて、とにかく蒸し暑い。
去年は寒かったから、今年もそう踏んで厚着してきたことを早くも後悔した。

そして、
そこかしこで演奏しているバンドを取り囲む聴衆、聴衆、聴衆!
リズムに乗る表現はそれぞれ大小あるが、
音にあわせて揺れるそれは、音楽の風を見ているようで楽しい。

もちろん、私のもとにもあちこちから大音量の音符が飛んできて、腸のあたりを刺激する。

会場に入るほどそれはいよいよ渦巻いて、
自分の鼓動なのか音波の波動なのか判然としなくなってきた。

それもまた心地よい。
 
 
 
ところで、相方が見つからない。
私は携帯電話を持っていないので、
公衆電話から連絡したのだけれど、
待ち合わせの場所を根っこから間違っていて、
さんざん歩き回ることとなった。

もちろん、
演奏に聞き惚れて立ち止まったりしたのこともあったのだが、
ようやく合流したのは実に1時間後の出来事だった。

相方に逢う。
一緒にいたのは、バリトンサックス奏者のAさんと、
キーボードを操るクボさんだ。

Aさんは黒のスーツがバシっと決まった、
カッコイイ極まりない妙齢の女性である。
(既婚だが。)

そしてなんと、「言戯」の読者さんでもあった。
ほぼ毎日見てくださっているという。
(つーことはコレも見てますね?ドモドモ。)

「是非、会ってみたい!」

ということで、待ってくれていたのだ。
(1時間も待たせちゃって本当にごめんなさい。)

Kさんは相方の友達のもうすぐダンナさんになる人。
話は何度も聞いていたが、実際に会うのは初めてだった。

気さくで明るくて楽しいステキメンである。


E0777

撤収でバタバタする中、4人で立ち話をした。
いつもそうなのだけれど、表現する手段を持つ人とというのは楽しい。

それは、音楽でも絵でも変わりない。

きっと、表現とは、認めることだと知っているからなのではないかと思う。

E07772

話しているうちに、いつものように相方のワキ突き突っ込みを見て、
Aさんが感動していた。

E07773

考えてみると、「言戯」読者の人で相方と並んで会ったのはこれが始めてかもしれない。
それがとても新鮮で面白かった。

まあ、ついうっかりノロケて、

E07774

こうなったのには参ったけれど。
 
 
 
私が1時間遅れてしまったせいで、クボさんやアヤコさんの演奏が聴けなかったのが非常に残念だった。
なので、今度機会があったら、ライブに潜入しようかと考えている。
(ご迷惑でなければ…)

とにもかくにも、こうして今年のジャズフェスティバルは幕を開けたのだった。

つづく。

スポンサーリンク

|

« 裏の顔 | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ったのよ(その2) »

【日常の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47291803

この記事へのトラックバック一覧です: 定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ったのよ。(その1):

« 裏の顔 | トップページ | 定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ったのよ(その2) »