« 冷蔵庫ロマンティック | トップページ | 北風と太陽 »

T字路のTはティッシュだというメッセージなのか?

E0761

先日、はた迷惑なカップルがいたT字路を通りかかったところ、
今度は歩道の角に、ティッシュがちょこんと置いてあった。

白昼。
周囲に人影などは見当たらない。
それなのに、封は切られ、次の紙がつまみやすいように紙片をそっと差し出すという、ティッシュ独特の気遣いを見せている。

あきらかに打ち捨てられているのに、
責務を全うしようというその姿勢に健気さを超越した

ティッシュの、ティッシュとしての最期の意地

が、みなぎっていた。
 
 
 
ティッシュというものは、
置いてある場所によって雰囲気がガラリと変わるものだと思う。

客間にあればちょっとした心遣いであり、
ラーメン屋さんにあると頼もしい。
枕元にあると、どちらに転んでも淫靡だ。

…がしかし、T字路の角に置いてある(しかも使用中)というのは何を意味するものか。

道端に明らかに場違いなものが置いてあるとすればそれは…

…供養?

マジデ?

…T字路の謎は深まるばかりなのだった。


スポンサーリンク

|

« 冷蔵庫ロマンティック | トップページ | 北風と太陽 »

【ビックリな話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47292068

この記事へのトラックバック一覧です: T字路のTはティッシュだというメッセージなのか?:

« 冷蔵庫ロマンティック | トップページ | 北風と太陽 »