« 熱視線 | トップページ | 絵日記サイターミーティング »

揺るぎない眠気

E0734

額に押し当たったドライヤーの熱さを、断片的にしか覚えていないほどの眠気の中、なんとか髪を切ってきました。

毎回、ほぼ100%の確率で散髪中に寝入ってしまう私は、きっとあまりありがたくない客なのだろうなあ…。
という気兼ねというか、引け目というか、そういったものがあります。

しかし、髪を切ってもらっている間というのは実に退屈な上に、理容師の方のフィンガーテクニックで頭皮から直接催眠効果を注入されてしまうため、起きているのは至難といえるのですよ。

予測不能、変幻自在の動きに惑わされることなく、毎度散髪を遂行する理容師さんは、まさにプロ中のプロと言えると思います。

グッジョブ。

スポンサーリンク

|

« 熱視線 | トップページ | 絵日記サイターミーティング »

【ビックリな話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47292312

この記事へのトラックバック一覧です: 揺るぎない眠気:

« 熱視線 | トップページ | 絵日記サイターミーティング »