« サムライ残る町 | トップページ | 戦慄の旋律 »

Mr.インクレディブルを観た!

E0714_thumb

昔から、「スーパーヒーロー」というものは、一般の市民から隔絶された存在だった。

凶悪な怪獣や巨大なロボットが市民を脅かすと、どこからともなく現れて、それらをなぎ倒し、どこへともなく去ってゆく。

ヒーローは、瞬間的に訪れた「非日常」を、すぐさま「日常」に塗りかえる「非日常」の存在だったと思う。
 
 
 
先日、「Mr.インクレディブル」という映画を観た。

この映画の主人公は、「スーパーヒーロー」を生業とする超人である。
従来のスーパーヒーローのように、非日常から踏み込んでこない超人ではなく、超人という自分の能力を生かした「スーパーヒーロー業」を営む、日常に根ざした超人なのだ。

ある日のこと。

プロ・スーパーヒーローであるボブは、仕事中のトラブルから一般人に怪我を負わせてしまい告訴されてしまう。

誤解や不可抗力による事故だと弁護士を立て、法廷で争うも敗訴。
これまでの功績から実刑はまぬがれるも、裁判所から

「スーパーヒーローを廃業し、一般人として生きること。」

という命令を受けてしまうのだった…。
 
 
 
 
というところから話は始まります。

私個人としての感想というか、いいなあ・・・と思ったところとしましては、
「超人」という、実際にはいない存在の悩みを想像してみようという試みの面白さと、その根底に流れる思いやりとか、優しさとか。

超人だって、結局、人とのツナガリで救われるんだよ。

というメッセージを受け取りました。
 
 
 
もっと細かいところを言うと、ママ(元・イラスティ・ガール)が最高。
敢えて分かりづらく言うけれど、悪者だったキレイなお姉さんに

「あなたの家族は無事よ。」

と言われたパパが、嬉しさのあまりお姉さんを抱きしめたところにママが入ってくる。

「あ…ああ、あなたが彼の奥さん?」

と、まるで不倫相手が開き直ったかのような展開になり、
問答無用でお姉さんにパンチをかますママ。

(抱き合ってたことに怒ったのかな?)

と思いきや、

「それは私が言うセリフよ!」

という場面。
(ちょっとうろ覚えだけど)

ああ、そっちに怒ったんだ。
パパを安心させるのは自分の役割なんだ。
信頼してんだな~。

という感じがにじみ出ていて、大変感動しました。

それからお互いに減らず口を叩きながらも、ピッタリと同じ歩幅で走る二人。
なんかいいよなあ~。
と思いましたよ。

まあ、他にもまだまだ感じ入るところはありましたが、ここだけにしておきます。


全編通して大変面白い映画でした。
CGアニメですが、大人が観ても十分すぎるほど楽しめます。

ちなみに。
私はレンタル店で借りる時に、アニメコーナーに立ち入るのがはばかられて難儀しました。
三十路目前の男が一人でアニメコーナーに立ち入るのは、アダルトコーナーよりも恥ずかしいっての。

ともかく、
是非一度、ご鑑賞くださいませ~。

スポンサーリンク

|

« サムライ残る町 | トップページ | 戦慄の旋律 »

【映画の話】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170177/47292895

この記事へのトラックバック一覧です: Mr.インクレディブルを観た!:

« サムライ残る町 | トップページ | 戦慄の旋律 »